Blog

通信機器や集塵機筐体に使われる鈑金加工の種類をご紹介

身近な者に使われいてるアルミ、鉄、ステンレスなどの板金加工について解説しています

私達の身の回りで使われているアルミ、鉄、ステンレスなどの加工に関する情報を詳しく発信しています。例えば、アルミ、鉄、ステンレスなどを加工する作業である鈑金についてその流れをご紹介しています。鈑金とはアルミ、鉄、ステンレスなど製の板を切断や穴開けをし、希望した形状やサイズに整える作業のことを指します。鈑金作業を行うためには、まずは図面の展開図を作成して、その完成予想図を基にしながら展開図を作成していきます。

アルミ、鉄、ステンレスなどは曲げると延びる特性があるため、それを考慮したサイズで展開図を作成する必要があります。

  • 36

    半自動溶接のメリットとは

    2024/01/15
    半自動溶接とは、どのようなものかご存じでしょうか。簡単に説明すると半自動溶接とは材料であるワイヤー自体が自動供給され、その溶接作業自体は手動で行うことです。今回は、半自動溶接のメリットに...
  • 35

    鉄筋加工の種類とは

    2024/01/01
    建物の基礎を作る際には、強度を上げるために鉄筋が埋め込まれています。鉄筋は現場で組み立てて使用するので、加工を済ませてから現場に運搬するケースが多いです。では工事現場で使用する鉄筋には、...

NEW

  • お仕事受注します!

    query_builder 2023/06/06
  • 鈑金加工による医療機器の製品で気を付けるポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 鈑金加工のメリット・デメリット

    query_builder 2024/04/01
  • 鈑金加工とは

    query_builder 2024/03/15
  • 鈑金加工における反りや歪みの原因とは

    query_builder 2024/03/01

CATEGORY

ARCHIVE

身近なものに使われている鈑金について、ブログにて詳しく解説しています。

ときどき、近所のお客様を中心に自転車の鈑金加工のご依頼をいただいています。鈑金については高度な技術を必要としますが、経験豊富なスタッフが対応いたしますので安心してご依頼いただけます。