ステンレス加工が難しいと言われる理由

query_builder 2023/06/25
コラム
7

金属加工にはさまざまな技法がありますが、特にステンレス加工は難しいと言われています。
さびにくく耐熱性があり優れた特徴がありますが、なぜ加工するのが難しいのでしょうか。
今回の記事では、ステンレス加工が難しいと言われている理由についてまとめました。
▼ステンレス加工が難しいと言われる理由
■加工硬化しやすい
加工硬化とは金属に一定以上の圧を加えると、その金属が硬くなってしまう現象のことです。
それほど圧が強くなければ変形しても元に戻せますが、あまりにも圧が強いと戻らなくなってしまいます。
また加工硬化することで、使用している工具が痛みやすくなってしまうのも欠点です。
■加工方法が異なる
ステンレスにはさまざまな種類があり、種類によって加工方法が異なります。
そのためステンレスの特性を十分に把握し、適切な加工方法を選択することで問題を防げるでしょう。
■熱伝導率が低い
ステンレスは、他の金属に比べて熱伝導率が低い傾向にあります。
そのため加工によって発生した熱が外に逃げず、工具が破損することもあるので注意しましょう。
▼困った時は専門家へ相談を
ご自身でステンレス加工をするのが難しいと感じた場合は、専門家に相談することをオススメします。
さまざまな特徴や欠点を把握しているため、難しいステンレス加工もスムーズに対応してくれるでしょう。
▼まとめ
ステンレスは加工硬化しやすく、種類によって加工方法が異なるため難しいと言われています。
しかし適切に加工することで、ステンレスの優れた耐食性や強度を最大限に引き出せるでしょう。
茨城県にある『株式会社鈴木工業所』は、ステンレスの特性を熟知したスタッフがご要望に合わせて作業を行います。
幅広いお悩みに対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • お仕事受注します!

    query_builder 2023/06/06
  • 鈑金の加工方法と工程について

    query_builder 2024/02/15
  • 半自動溶接の種類

    query_builder 2024/02/01
  • 半自動溶接のメリットとは

    query_builder 2024/01/15
  • 鉄筋加工の種類とは

    query_builder 2024/01/01

CATEGORY

ARCHIVE