鈑金加工で使用する機械

query_builder 2024/06/01
コラム
45

板状の金属に圧力を加えて折り曲げ、図面通りの形状に仕上げることを鈑金加工と言います。
鈑金加工では仕上げる形状により、ざまざまな機械を使用して使い分けているのをご存知ですか。
今回は、鈑金加工で使用する機械をご紹介いたします。
▼鈑金加工で使用する機械
■タレットパンチプレス
圧力をかけて金属にパンチし抜き打ちや穴あけをする機械で、タレパンとも呼ばれています。
重要な機械として鈑金加工では幅広く使用され、欠かせません。
また専用金型がいらないので少量多品種から大ロット生産まで、低コストで加工することができます。
■ベンディングマシン
鉄板に圧力をかけて金型で曲げることを、ベンディングと言います。
ベンディングマシンはその名の通り、曲げ加工の際に用いられる機械です。
厚物なら加工速度や加圧力も調整が可能な油圧ベンダー、薄く精密で細い曲げならACサーボモーターのみのベンダーで加工します。
■その他の機械
・レーザー切断機:レーザーの照射によって切断ができ、複雑な形状を加工でき綺麗な切断面が可能
・テーブルスポット溶接機:溶接位置に電極を当てて溶接する機械で、焼けやゆがみが少なく仕上げコストを削減できる
・アーク溶接機:アーク放電を熱源として溶接を行い、2つの電極の間で発生した電流と強い光・熱を利用し接合
▼まとめ
鈑金加工で使用する機械には、タレットパンチプレス・ベンディングマシン・レーザー切断機などがあります。
仕上げる形状によって使用する機械もさまざまなので、適したものを使用してもらいましょう。
『株式会社鈴木工業所』では、素材の特徴や求める機能に応じた作業方法を選んでいます。
シンプルな形から複雑な形状まで対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

45

板状の金属に圧力を加えて折り曲げ、図面通りの形状に仕上げることを鈑金加工と言います。
鈑金加工では仕上げる形状により、ざまざまな機械を使用して使い分けているのをご存知ですか。
今回は、鈑金加工で使用する機械をご紹介いたします。
▼鈑金加工で使用する機械
■タレットパンチプレス
圧力をかけて金属にパンチし抜き打ちや穴あけをする機械で、タレパンとも呼ばれています。
重要な機械として鈑金加工では幅広く使用され、欠かせません。
また専用金型がいらないので少量多品種から大ロット生産まで、低コストで加工することができます。
■ベンディングマシン
鉄板に圧力をかけて金型で曲げることを、ベンディングと言います。
ベンディングマシンはその名の通り、曲げ加工の際に用いられる機械です。
厚物なら加工速度や加圧力も調整が可能な油圧ベンダー、薄く精密で細い曲げならACサーボモーターのみのベンダーで加工します。
■その他の機械
・レーザー切断機:レーザーの照射によって切断ができ、複雑な形状を加工でき綺麗な切断面が可能
・テーブルスポット溶接機:溶接位置に電極を当てて溶接する機械で、焼けやゆがみが少なく仕上げコストを削減できる
・アーク溶接機:アーク放電を熱源として溶接を行い、2つの電極の間で発生した電流と強い光・熱を利用し接合
▼まとめ
鈑金加工で使用する機械には、タレットパンチプレス・ベンディングマシン・レーザー切断機などがあります。
仕上げる形状によって使用する機械もさまざまなので、適したものを使用してもらいましょう。
『株式会社鈴木工業所』では、素材の特徴や求める機能に応じた作業方法を選んでいます。
シンプルな形から複雑な形状まで対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • お仕事受注します!

    query_builder 2023/06/06
  • 鈑金加工の資格について

    query_builder 2024/07/03
  • 鈑金加工で使用する機械

    query_builder 2024/06/01
  • 鈑金加工の工程について

    query_builder 2024/05/15
  • 鈑金加工の検査項目

    query_builder 2024/05/01

CATEGORY

ARCHIVE