金属における切断加工の種類について

query_builder 2023/09/15
コラム
23

金属製品はさまざまな工程を経て形成されており、安全に使うための技術が詰まっています。
なかでも製品を形作る切断の工程は品質に大きな影響を与えるため、重要な工程と言えるでしょう。
そこで今回は、金属における切断加工の種類について紹介いたします。
▼金属における切断加工の種類
■プラズマ切断
金属と電極の間に電圧を流し、高温のプラズマを発生させる方法です。
プラズマによって起こる気流を使い、スラグを吹き飛ばして切断します。
電気を通す多くの金属で使えるため、凡庸性が高いです。
■ガス切断
ガス切断は、アセチレンをはじめとする可燃性ガスを使った方法です。
ガスバーナーで金属を発火温度まで加熱させ、酸素の吹き付けによる切断気流を起こすことでスラグを吹飛ばしながら切断します。
使われる材料には、鋼・鉄など融点の低いものが多いです。
■レーザー切断
レーザーを使い、金属を切断する方法です。
集光したレーザーを金属に当てることで発熱し、部溶融分をアシストガスで吹き飛ばしながら切断していきます。
金属の薄さに比例して切断のスピードを上げられるため、高精度かつほとんどの金属へ対応が可能です。
■ウォータージェット
高水圧の水を噴射することで、金属を切断する方法です。
水流のみで切断するハイドロと、研磨剤入りの混合水を使うアブレイシブの2つがあります。
金属だけではなく、石材・樹脂などの加工にも最適です。
▼まとめ
金属の切断加工には、プラズマ切断・ガス切断・レーザー切断・ウォータージェットなどの種類があります。
加工の内容に合わせ最適な方法を選ぶことで、より高い品質の製品づくりが実現できるでしょう。
『株式会社鈴木工業所』では、さまざまな金属の加工をご依頼いただいております。
製品作成に関するご相談がありましたら、気軽にお問い合わせください。

NEW

  • お仕事受注します!

    query_builder 2023/06/06
  • 鈑金の加工方法と工程について

    query_builder 2024/02/15
  • 半自動溶接の種類

    query_builder 2024/02/01
  • 半自動溶接のメリットとは

    query_builder 2024/01/15
  • 鉄筋加工の種類とは

    query_builder 2024/01/01

CATEGORY

ARCHIVE